企業主導型保育事業

 企業主導型保育事業は、先にご説明した認可保育所と認可外保育所の間のような事業形態となります。

 認可保育所と認可外保育所の間というのはどういったことかといいますと、基本的には、認可外保育所となりますが、運営費の支弁が行われるというものです。

 ただし、これは臨時的な制度であることを知っておいてください。

 この事業は、一億総活躍社会「夢をつぐむ子育て支援(第二の矢)」待機児童解消加速化プランに基づいたもので、平成29年度末までの保育の受け皿整備の目標値を50万人としており、内5万人の受け皿をこの企業主導型保育事業で創設しようということより始まったものです。

 この制度を利用して、保育事業を行う場合は、企業主導型保育事業助成金(運営費・整備費)を申請し助成金を受けることが可能です。

 この助成金を受けるためには種々の制約や、求められる形がありますので、容易に助成を受けることはできませんが、もし事業者の方で保育事業を行いたいということでしたら是非この機会に開始してみてはいかがでしょうか。

 今がチャンスです。

 あと、この事業者の方で保育事業を行いたいということについては、以下の視点から行いたいという場合にこの制度を利用することができる(※1)とお考えください。

※1 他社と共同設置ということで、保育事業に関与することは可能です。

 本事業は、今年が最後になるのではないかと私見として持っております。

 もし、チャレンジしたいという方は早めの行動をお勧めします。