電子定款認証

 会社の「定款」は、公証人の認証が必要となります。
 その認証には、「通常の定款認証」と「電子的記録による定款認証(電子定款認証)」の2通りがございます。

通常の定款認証

・時間がかかる
・何度も公証役場に行く必要がある
・印紙代40,000円が必要
特別なシステムの利用は必要がない

電子定款認証(電磁的記録)

・認証までの時間が短縮できる
・何度も公証役場に行く必要がない
印紙代40,000円が不要
・特別なシステムが必要(電子署名必要)


 上記のとおり2種類の方法がありますが、ご自身で行う場合は概ね通常の電子定款を利用し定款印紙の40,000円を負担する場合が多ございます。会社設立を委任することで本当にしなければいけないことを行っていただくことが可能となり、さらに、定款印紙代を節約できるので、結果的に少しの費用で皆様の負担を最小限に抑えることが可能となります。

※ 現在住民基本台帳カードをお持ちの場合などは、個人の方でも電子署名を行うことが可能となります。ただし、住民基本台帳カードの情報の読取機器が必要です。
※ 住民基本台帳カードの発行は容易ですが、定款認証のためだけに住民基本台帳カードを取得するのであれば依頼された方が賢明だと思います。電子定款認証だけ依頼をして他はご自身で行いたいという方は電子定款認証手続きのみも承っております(その場合は20,000円です。よって20,000円を節約できます)。