お知らせ

医療福祉事業の手続き専門事務所

 行政書士岡野法務事務所は、医療福祉手続専門事務所です。

医療法人設立社会福祉法人設立会社設立福祉事業所開設

 これらの手続きをお考えの方は、弊所にお任せ下さい。迅速的かつ丁寧に、皆様のご負担を最小限に止めるよう事務を行います。

弊所の特徴

数少ない業務経験者の事務所です。
 弊所は、他の行政書士があまり手がけたことのない、医療法人設立や社会福祉法人の設立について実績があります。

経験・知識豊富な事務所です。
 医療法人の設立や診療所(クリニック)の開設手続きをはじめ福祉分野(特に保育所)、その他にも薬事に関して、非常に豊富な知識があります。また、保育事業についてはコンサルティングも別途行っております。
 他の行政書士事務所様のサポートも行っております。

医科・歯科共に経験があります。
 医科のみならず歯科の経験もあります。

トータルサポート
 医療法人設立から診療所開設まで、社会福祉法人については、事業所設置認可申請の他、福祉医療機構からの借入金申し込みまでトータルでサポートいたします。
 ※医療法人の場合も、(独)福祉医療機構の借入金が必要な場合はご相談ください。

全国対応
 全国の医療法人に対応致します。ご用命いただければ、全国のDr.のお手伝いをさせていただきます。 ※ただし、交通費は頂戴します。

 弊所は、医療と福祉に特化した行政書士事務所です。
許認可では医療法人設立社会福祉法人設立、医療施設(診療所等)開設、第1種社会福祉事業・第2種社会福祉事業の設置、福祉事業所開設(母体法人の設立を含む)を専門に行っております。

 弊所のように医療法人設立社会福祉法人設立に関与した行政書士は全国を見ても非常に数少ない存在です(特に社会福祉法人の場合)。

 医療法人や社会福祉法人の設立実務を熟知している数少ない行政書士だからこそできるサービスを提供することにより貢献してまいりたいと考えております。

医療法人にする理由

メリット1
節税効果が見込める

メリット2
事業拡大ができる(複数の診療所を設けることができる)

メリット3
事業承継が容易(理事長の変更のみで事業承継が可能)

メリット4
財産の管理が容易

デメリット1
個人事業主と異なり、事業運営にあたり役所手続きが増加する

デメリット2
業務の制限がある。(医師法に定められた付帯業務以外を行うことができない。また、付帯業務を行う場合は都道府県知事の認可が必要)

デメリット3
社会保険料の負担が増加する